People 社員インタビュー

篠原 圭子

アカウントプランナー

篠原 圭子

HugMug Media事業部

2012年中途入社

私からはじまるいろんな企画が、
誰かの人生のタネになる。
そんなキッカケを生み出す仕事。

ママのためのファッション&ライフスタイル雑誌「HugMug」と、昨年立ち上げたWebマガジン「mercidays by HugMug」において、営業とプランニングを担当しています。この2つの自社メディアを通じて、クライアントの持つ商材をどのようにプロモーションするかを考え、提案するのが仕事です。ときには代理店的な要素を兼ねる場合もあり、シー・レップ内で唯一の自社メディアを活用したプロモーション営業なので、メディアとしての知見や立ち位置をどのように活かしていくかがポイントになります。

営業とは言え、プランニングがあってこそ機能する職種です。やはり、0から1を生み出す瞬間に関わることができるのは、本当にやりがいを感じますね。私が提案しなければ世に出なかった企画で、クライアントの売上に貢献できたり、担当者の評価につながったり、読者が商品を購入して生活が豊かになっていったり…。そのキッカケになれていると思うと、ますます頑張りたくなります。私の中には、「誰かの人生のタネのひとつになる」というクレドがあるので、これからもたくさんの人の人生に関わっていきたいです。

情熱と冷静な判断力を持ち、
アイデアを上乗せできる存在が、
違いをつくるプランナー。

数多くのメディアが存在している今、ターゲットに向けて商材を訴求する方法や手段は本当にたくさんあります。そんな中、「HugMugならどんなプロモーションをすることで、クライアントが求める成果に対して最大限のパフォーマンスを発揮できるか」を綿密に組み立て、まとめあげ、他との違いを決定的にするのがプランナーの役目。そのためにも、現状の課題を明確にヒアリングし、広い視野で物事を多面的に考えることが重要です。打ち合わせの際には相手からの情報を受け止め、自分の知識と知見で内容を咀嚼して、とにかくその場で会話するようにしています。ただの御用聞きではなく、パートナーとして一緒にゴールをたぐり寄せていく感覚ですね。

それと、目指すべきゴールに向けた情熱と冷静さを持つこと。読者に心から求められるもの、必要とされるもの、響くものを生み出していく仕事なので、「ここはとことん突き進むべき」当事者意識をもちながら、第三者視点もわすれないよう、常に2つのマインドで判断するようにしています。プランニングしているといろんな状況に直面するため、判断力は本当に不可欠。そこを柔軟に乗り越え、さまざまなアイデアをさらに組み合わせられるような、理想のプランナーを日々目指しています。

篠原 圭子

雑誌やWebマガジンの枠を超え、
HugMugをひとつのカルチャーに。

今のHugMugについては、ほぼすべての人が雑誌やWebマガジンという認識だと思います。私は、その認識を変えて、メディアという概念を超えさせていきたい。とてつもない目標で、すごく時間はかかるかもしれませんが、いつか実現させたい。例えば、誰かがイスを見たときに「これって、HugMugっぽいよね!」と、普通に言われるようなことです。それは、メディアを超えて感じる世界観や雰囲気が、より広く、より深く浸透している証。もっと大きく言えば、HugMugをひとつのカルチャーにしていきたいんです。

もともとクリエイティブな仕事への憧れが強く、シー・レップに入社したのもそれが理由。最初の配属からずっとHugMugに携わってきたからこそ、思い入れも人一倍あります。今の自分があるのも、大きな目標を掲げることができているのも、一緒に作り上げてきたメンバーとHugMugの存在があるからです。これからも共に成長しながら、クライアントに喜んでいただける成果を重ね、読者の毎日に寄り添い、その先にある目標に向かっていきたいと思っています。

Profile

就活中は広告代理店をはじめ、憧れていたクリエイティブ関連を目指すものの、あえなく断念。基本的な営業スキルを身につけるため、生命保険会社に新卒で就職し、2012年にシー・レップへ。メモ取りは手書き派で、クライアントの情報を書き留めた何冊ものノートが、仕事には欠かせない宝物。