People 社員インタビュー

南部 亜依

セールスアシスタント

南部 亜依

SP事業部

2015年中途入社

これまでと、仕事の目的が変わった。
ここで経験できたのは、
今までにない達成感と充実感。

シー・レップに入社する以前は、金融関係や不動産業界で営業として働いていました。売上目標があるのは当たり前のことかもしれませんが、毎月クリアするのに必死の状態で…。達成しても安心感しか生まれず、「仕事のやりがいって何だろう?」と自問自答するような毎日だったのを覚えています。そんな経緯もあって、この会社に入社しました。

現在はSP事業部のセールスアシスタントとして、提案資料の作成、印刷物の原価計算、受注時の手配など、営業スタッフを支えるバックオフィス業務を中心に行なっています。何でもキッチリしたいタイプなので、「いかにミスなく、正確で安全に案件を進行することができるか」が私の大きな役割。そこをクリアしたときに感じるやりがいは、今までにない達成感がありますね。さらに、制作物に対するクライアントからの高い評価、パートナー会社やデザイナーの方から信頼してもらえているような言葉をいただいたときは、「次はもっと良いものを!」という充実感があふれる感覚です。今は素直に、仕事をしていて楽しいと思えています。

いろんな人との出会いから、
自分の毎日と人生に影響する
気づきが生まれている。

職場の方をはじめ、クライアントやパートナー会社の方など、仕事を通じて出会った人たちの価値観、生き方、思考といった見聞きして感じたいろんなことが、自分の毎日に影響していると思います。例えば、人に伝えるときのテクニックだったり、心の尽くし方という言葉の面。私はついつい相手の気持ちを考え過ぎてしまい、すぐに自分の言葉にできなくて正論を並べてしまいがちなんです。もちろん正論がOKな場面もありますが、それだけがすべてではないなって。相手の意図を瞬時に汲み取ったり、相手に合わせて言葉を変えたりできるようになれば、もっと深いつながりが生まれるのかなと感じています。

他にも、仕事の向き合い方だったり、もっと効率の良い進め方といった、仕事上のスタイルや手法もそう。これまでのたくさんの体験と実感が、自分のプライベートの人間関係や人生プランにも影響し、活かされている気がします。そういったことを自然と吸収できるようになったのも、心に余裕を持って働けているからかもしれません。

南部 亜依

仕事に不可欠な自分の長所を磨きながら、
誰かのロールモデルになることが、私の目標。

会社の先輩からは「真面目だね」って、よく言われます。私自身はもう少し柔軟な考え方や行動ができるようになりたいと思っているのですが、その真面目さが仕事に役立つこともしばしば。セールスアシスタントの仕事は、ひと言で言えばバランサーです。営業スタッフが仕事しやすいように支える一方、制作スタッフも気持ち良く進行できるように業務フローを考えなければなりません。無茶なスケジュールはミスやトラブルを誘発する要因にもなるので、営業と制作の両方の視点で目を光らせ、先回りしてアラートを出す役割も担っています。だから、この仕事では私の真面目さが、立派な長所だなって。

そんな長所も磨きながら、これからは誰かにとってのロールモデルの1つになることを目標にしています。会社の中で「こんな働き方がある」「こんな考え方もある」など、選択肢は多い方が良いですからね。上司や先輩が進んできた道に自分を合わせなくても、「自分が新しいロールモデルになればいいんだ!」と思ってもらえるような存在になりたい。そして、そういう環境も作っていきたいです。

Profile

金融関係と不動産業界の営業職を経て、セールスアシスタントとして入社。クリエイティブ業界が未経験だったゆえ、デザイナーと初めて一緒に仕事をしたときに「デザインのチカラに感動!」する。週末はしっかり休み、メリハリをつけて働くことが自分のルール。