People 社員インタビュー

森 正剛

事業本部長

森 正剛

経営推進部

2005年中途入社

経営をただ推進するのではなく、
会社の未来を拓くために、
自分そのものが推進力になる。

私が本部長を務める経営推進部は、シー・レップを含むグループ5社を統括する部署として機能しています。経営企画・人事・総務・法務・経理など、領域も非常に幅広いため、グループ全体の業務をいかに円滑に進め、経営に貢献していくかが重要です。そういった状況下で、私のミッションは2つあります。1つは、部署全体の責任者として各領域のタスクをメンバーと共に前へ進めていくこと。そして、経営企画領域のプロデューサーとして、代表の北田やそれぞれの事業部長と伴走しながら経営戦略の企画立案を行い、推進していくことです。

そのためにも、誰よりも会社のことを考え、良いアイデアを生み出す存在にならなければなりません。北田の想いと現場のチカラをどう融合し、会社の成長速度や魅力をどう高めていくか。これまで以上に、私自身が経営と現場に対する推進力そのものになり、シー・レップをさらに選ばれる存在にしていきたい。そんな強い気概を持って、未来に向けてひたむきに走り続けたいと思っています。

自分の手で、想いで、見つけた答えが、
会社を成長させていく。

2007年の新しいCIの策定から、2015年の中期経営計画の策定を経て、今後さらに成長していくための組織形態は整ってきたと実感しています。事業規模も10年前と比べて2倍以上になっている今、マーケット特化型という各事業部のさらなる強みづくりと価値提供に向けて取り組んでいるところです。例を挙げるとすると、成長見込みのより高い事業にはグループ全体で積極的に投資できる環境を整備し、各事業部においては、本当に注力すべきことに邁進するための仕組みの設計を行います。

これは常々思っていることですが、企業成長というのは、他社の成功事例を真似するだけでできるものではないということ。会社も生き物ですし、時代だって変化しています。明確な正解がないからこそ、自分たちの手で答えを見つけないと、絶対に前には進めませんからね。自分たちの会社であることに責任を持ち、自分の想いをぶつけながら会社を成長させていくことに、やりがいと面白さを感じています。課題もありますし、ハラハラするときもありますが、そうやっていろんな瞬間を肌で感じられることが仕事の醍醐味であり、自分の会社をずっと信じられる要因かなと。

これからもみんなで挑戦しながら、
「100%の自信と誇りを全員が持っている会社」へ。

今日もメンバー一人ひとりが、それぞれの事業部でクライアントやエンドユーザーのために、昨日よりももっと効果的で価値の高いサービスを提供するために取り組んでいます。とは言え、経営資源には限りがありますし、試行錯誤と挑戦の連続の中で、頑張ったことがすべて報われるわけではありません。今は、もっともっと成長する未来のために、メンバー全員が走り続けているフェーズです。

だからこそ、会社の成長も、メンバー一人ひとりのたくさんの成功体験も、みんなで分かち合いたい。可能性という資源が尽きることのないように、経営推進部としてのミッションを担っていきたいと思っています。そして、会社としての中身も外見も、クライアントや友人に自慢できるような会社にすることが私の目標です。中期経営計画「NEXT100」や会社の目標はさまざまありますが、個人的には「100%の自信と誇りを全員が持っている会社」へと、シー・レップを導くこと。そう遠くない未来に、必ず実現します。みんなで、一緒に。

Profile

大手メディアサービス企業にて情報誌のメディアプランナー・副編集長を務めた後、35歳のときにシー・レップへ転職。現在は、マナビプロモーション支援事業部と住まいプロモーション事業部の本部長も兼任。人好きで聞き上手であることから、部下の中では“森さんとご飯に行く”予約が殺到中。