People 社員インタビュー

上谷 昇太郎

アカウントプランナー

上谷 昇太郎

カナウ プレゼンテイメント事業部

2017年新卒入社

本当のやりがいを
いかに早く体感できるかで、
成長速度も変わるはず。

大学の同期たちは大手指向で就活を続ける中で、私は企業の規模ではなく、自分の成果がダイレクトに返ってくるステージで働きたいと思っていました。ひとつのピースとして歯車になるよりも、最初から自分の考えと行動で戦力になりたくて。だから、2017年に入社したばかりですが、下半期より独り立ちして売上目標を持たせてもらえるようになった今は、自分の手でどうやって受注を獲得し、クライアントへ最大限の価値を提供できるかを画策しながら仕事と向き合っています。

私が出向しているカナウのプレゼンテイメント事業部は、企業のプレゼンテーションをより効果的にするためのサービスを提供している部署です。大手企業のクライアントが多く、さまざまな戦略やビジネスモデルに触れることができるので、知識や知見がどんどんアップデートされていく感覚。そんな中プレゼンテイメント事業部には、クライアントの掲げるミッションを成功へ導く事が求められます。責任感も使命感も重大ですが、成果が出たときは、自分の価値が大きなプロジェクトに役立っているというとてつもない実感に包まれます。このやりがいを早くに体感できたことで、成長速度も必ず変わってくるはずです。

学生時代からたった1年。
たくさんの課題を自覚する反面、
日々磨かれる思考と意識がある。

アカウントプランナーとして独り立ちしたとはいえ、自分自身の課題はたくさんあります。クライアントの担当者が社長のときもあれば、経営企画の方、営業推進の方など、その立場によって成果へのアプローチもさまざまです。クライアントの想いをただカタチにするのではなく、このプレゼンテーションがどんな使われ方をして、成果の先にどんな未来を描きたいか。潜在的な意図を引き出すチカラや、表現する際の論理的思考、営業・制作を含めたプロジェクト全体の最適なクロージングなど、これからも経験を積んでスキルを伸ばしていきたいと思っています。

その一方で、何事も合理化を追求していた自分が、何が最善かを熟考するクセがついたこと。要点を見極めるチカラと情報整理能力が養われたこと。そして、自分の価値を提供することが対価になるという、お金への責任感が芽生えたこと。まだまだ少ないながらも、いろんな人やプロジェクトとの出会いがあったからこそ、学生時代とは違う自分になれたんだなと。そんな変化と進化を、日々感じています。

周囲に大きな影響を及ぼす、
本物の価値を持った存在になりたい。

当然と言えばそうなんですが、上司や先輩たちと自分を比べたとき、未だに秀でている部分を明確に見出させていません。それがただただ、悔しくて…。まずはいろんなことをどん欲に吸収しながらも、与えられた売上目標という目に見える結果をしっかり出したいと思っています。もちろん、その延長線上にあるMVPも、積極的に狙っていきたいですね。

今の自分が言うとおこがましく聞こえるかもしれませんが、結果を残しながら、周囲に大きな影響を及ぼす存在になることも目標です。例えばそれは、誰にも負けない武器を持っていたり、自分独自のメソッドを持っていたり。やっぱり、その他大勢にくくられてしまうのがイヤなんです。そして近い将来、この業界やマーケットを見渡したとき、自分自身に本物の価値があるアカウントプランナーになっていたい。目指すところはまだまだ高みですが、仕事の充実は人生の充実にもリンクしているはず。明確な目標を持ちながら仕事を楽しみ、これからもどんどん自分らしい生き方を楽しむつもりです。

Profile

大阪府出身、早稲田大学政治経済学部卒。入社と同時にグループ会社のカナウに出向し、新人アカウントプランナーとして活躍中。高校時代まではラグビーに没頭していたものの、現在はボールを持ち替え、先輩たちとの草野球が趣味のひとつに。とにかく体を動かすことが大好き。