People 社員インタビュー

高木 綾介

セールス

高木 綾介

マナビプロモーション支援事業部

2015年中途入社

新マーケットの開拓に奔走。
本当に“効く”ものを生み出せば、
その成果が次の成果を呼ぶ。

私の所属するマナビプロモーション支援事業部は、専門学校や社会人スクール、保育園などの学校・教育業界に向けてさまざまなサービスを提供する部署です。中でも私が注力しているのは、新しいマーケットの開拓。現在は専門学校を中心としたクライアント構成のため、関東圏の大学をターゲットにしてプロモーション案件を増やすべく奔走しています。

大学業界は特にこれまでの実績を重視する傾向が強く、実績の少ないシー・レップがどうやって食い込み、パートナーとしての序列を上げていくか。なかなか一筋縄ではいかない仕事ですが、少しずつ成果も実りはじめています。先日、合同説明会でとある大学のプロモーションツールを制作したとき、複数の大学が参加した中で私たちの制作したツールが一瞬で無くなるほどの人気だったんです。関係者の方も大喜びで私たちも手応えを感じていたのもつかの間、その説明会に参加していた別の大学からも問い合わせをいただきました。みんなで頭をひねりながら考え抜いた仕事だったので、喜びもひとしお。成果が次の成果を呼ぶことを、心から実感できた瞬間でしたね。

社内でもクライアントの前でも、
周囲をいつでも安心させる存在が、
自分の目指すべきセールス像。

新しいマーケットの開拓に加え、私が担当しているクライアントは、事業部の中でも売上シェアの高い大切なお取引先です。プレッシャーも当然ありますが、数字の面でも、存在の面でも、「高木に言えば!」と思われるような存在になりたいので誇りを感じて仕事をしています。自分で言うのも何ですが、物事を割と素直に受け入れるタイプのため、責任が増すにつれてクリティカルシンキングをもっと意識する必要があるなと実感しています。「その判断は間違っていないか!」「他にも方法があるのではないか!」と考えを深め、正しい方向に導くことが自分の役目なので。

その想いは、クライアントに対しても同じです。募集人数や認知度が左右するプロモーションを任されているからこそ、制作プロセスの段階から誰よりも先を見据えた判断を的確にしていきたいと思っています。そして、クライアントの前では絶対に余裕を見せること。あたふたと焦っているようでは不安を与えてしまいますし、仕事もお願いされにくいですからね。周囲をいつでも安心させる存在が、私の理想のセールス像です。

大学マーケットにおいて、
圧倒的にイチバンのプレイヤーになる。

「もっと自分のエッジを立てろ!」。これはよく上司から言われる言葉です。オールマイティでコンスタントに平均点は取れるものの、突き抜けた部分がないのは自覚しているので、そこをどうやって研ぎ澄ませていくかがこれからの課題。もちろん、何でもできるのはセールスとしては武器になりますが、それ以上の何かを身に付けておくことで、思考も視野も広がっていくはず。だからこそ、今注力している大学マーケットにおいては、自分が圧倒的にイチバンのセールスプレイヤーになりたいですね。

そして、大学マーケットで真価を発揮できるシー・レップならではのサービスを作っていくことも目標。競合他社がひしめくマーケットなので、クオリティと営業対応だけではなく、必ず選ばれる存在としてのサービスは不可欠だと思っています。それが何なのかは、正直まだ探っている段階。ただ、常に頭のどこかで考え、成果を出し続けていくことで、その答えをカタチにできると信じています。

Profile

前職は印刷会社で営業をしていたものの、クリエイティブのリソースが少なく、いろいろなサービスをクライアントへ提供するために転職。事業部きってのセールスとして働く一方、新卒メンバーのOJTリーダーも担当。休日は、感性の引き出しを増やすべく、美術館に通うのが趣味。